スポンサーリンク

オーガニックヘアサロンbyEQの小原翔太です。

ついに「ホワイトブリーチ レシピ」で検索順位1位になってしまいましたっ!

IMG_0134

このレシピは、まだヒヨッコだった僕にある友人から

友人A
ブリーチしてるんだけど、色が抜けてきたからなんかいい感じにしてっ

みたいな感じで依頼があったので、

小原翔太
いいよーっ

と簡単に返事をした所から始まりました。

当日

「なんか、白っぽい様なミルクティー系にしたいんだよねー」

「んー、やったこと無い」「失敗するかも」

うちのお店は基本的にブリーチをするお客様がごく僅かなので経験値がほとんど無かったんですよ。

んでも、引き受けてしまったからにはやるしかなく、断れない性格なので無い知識を絞り出し極力黄色味を消し白味に触れる様にレシピを考えました。

「濃く色が入りすぎるのも嫌だし、保険をかけて少し薄くしておこっと」

しかもこの時テンパりすぎてブラウン混ぜるの忘れてたんですよね、、、

それに気付かず塗布を。

放置時間中に不安だったのでちょくちょくチェックをしていたのですが、8分過ぎたくらいに

「あっ!!!めっちゃ真っ白になっとるやん!!!」

やべー、、、

怒られるかなー、、、

とりあえず、すぐに流そっ

そして流し、ドライヤーで乾かしてみると

「白っ!」

友人も、

「白っ!」「でも、お願いしてたやつよりこっちの方が全然いい!!!これからずっとこれにして!!!」

と言われ

「いいよねー、俺すごいなー」

(ダサ過ぎるぞ、俺、、、)

とりあえず満足してもらえてよかった、、、

「んっ??」

「てか、このレシピってホワイトブリーチしたい人に最適なんじゃね?」

他の人でも試してみよーってことになり、ここから様々なモデルにレシピをつかい、改良を加えてここに落ち着きました。

「そうだ、忘れない様にブログにしておこう」

その時の記事がこちらです。

http://shotakohara.com/2016/08/05/永久保存版!!!【kohara式ホワイトカラー】のレシ/

備忘録的な感じで書いたので、まさか検索順位1位になるとは思いもしませんでした、、、

書いてみるもんですね、、、

たまにこのホワイトブリーチをお願いされる事がありますがダメージリスクかなり高く、髪の状態次第ではお断りさせて頂いてます。

また、このレシピが100%正しいわけでは無いので、白くならない場合もあります。

きちんとブリーチの状態、髪の状態を見極めてもらってくださいね。

失敗から学んだ、このホワイトブリーチのレシピが誰かの役に立ってくれると嬉しいです。

また何かあったらこのブログに上げていきますね!

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事