スポンサーリンク

さて、先日ヘリタンスアーユルヴェーダマハゲダラについてブログを書きましたが、

その続き。

というかもはや備忘録です。参考になればと。

アーユルヴェーダ初日

まず、僕の場合は12:30に問診があり、そこでドーシャの選定。

ドーシャには3タイプあり、【ヴァータ】【ピッタ】【カパ】がある。誰でも3つの要素を持っていて人それぞれいずれかのドーシャが強く、ヴァータが強い人はヴァータ、ピッタが強い人はピッタ。僕の場合は【ピッタ】でした。

問診がすごく丁寧で安心感がありました。

14:00に施術スタート。

まずは、shiro abyanga (頭皮マッサージ)から。軽擦法と強擦法がメインで力強めの施術なので個人的には気持ちよかったです。人によっては揉み返しもあるかも。

14:30からはmurudu sharira abyanga(全身マッサージ)

セラピスト2人による全身マッサージ。2人合わせて4つの手が動き左右対称にそろった動きをするのがすごい。半年ほど研修を受けて出来るようになるみたいです。

15:00からはVaktra Abyanga(フェイスマッサージ)。力加減は強めで、顔をほぐしてくれて気持ち良しむくみも取れてふ結構すっきりでした。疲れ目も解消され視界良好です。

15:30から最後の施術でherbal bath(ハーブのお風呂)でした。静かな空間でリラックスでき現実逃避ができて気持ち良かったです。

施術は30分単位ですが、施術20分休憩10分がワンセットになっている内訳でした。

てな感じです。

 

結構デトックスされるんで、ぐったりして眠くなります。

赤ちゃんのように寝られますよ。

では、また気が向いた時に備忘録がてら書きます。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事