スポンサーリンク

世の中コロナウイルスで大変なことになってますよね。

人混みに行くのとか嫌だし、満員電車乗りたくないし、仕事のリズム狂うし、経営にも支障出るし、朝起きた時から色々考え事が増えてほんと嫌。。。

ということを朝考えると頭が悪くなります

なぜ頭が悪くなるの???

アメリカのペンシルベニア州立大学で240人の男女を対象に脳のワーキングメモリーとメンタルの関係について調べたことがあるそうです。

(ワーキングメモリーとは脳の短期記憶を司るもので、うつや落ち込みを防ぐなど集中力や自制心をコントロールしてくれてます。)

「今日はどんな1日になりそうですか??」

という通知を1日に5回スマホに届いたらその時の行動や気持ちを記録してもらいワーキングメモリーを計測するという実験です。

その結果朝の段階で

「今日はストレスが多そうだな。。。」

と言ったネガティブな予測をしている人は、その日にストレスがあろうとなかろうとワーキングメモリーの働きが低下し決断力や集中力が下がり欲望に負け1日を損していることがわかったそうです。

冒頭に書いたように「ストレスの予測」をしてしまうとその日は1日脳のパフォーマンスが落ちてうまく働かなくなります。

これが連続するとどんな人生が待っているか簡単に想像できますよね??

じゃあどうしたらいいの??

答えは簡単!!!

朝起きた時にポジティブな予想をしよう!

たとえストレスフルな予定が詰まっていたとしても、

「これが終われば楽しいデートが待っている」

「この予定が終わったら欲しかったものを買いに行こう」

と思えば人はわくわくして前向きになれます。

自粛ムードで厳しい環境に置かれている人もいるでしょうが、ぜひポジティブに物事を考え、脳力をアップさせ現状を打破しましょう!!!

ぜひお試しください!!

では!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事