スポンサーリンク

「私、丸顔なんでそれを隠せる髪型にしたいです」

日本人女性の8割が口にした事があるセリフだそうです。(嘘です)

丸顔さんの特徴は縦の印象よりも横の印象が強く、太っていなくてもふっくらして見え幼い印象に見られがち。

逆に、柔らかく優しく親しみやすい、誰からも愛される印象の持ち主とも言えます。

アイドル向きです。可愛い。

ただ、丸顔だとどうしても顔が大きく感じてしまうんで気になりますよね。

なので、【丸顔に困っている読者の皆様】に顔が小さく見えてバランスよく見えるポイントをいくつかご紹介します。

最初のポイントは

前髪にはスキを与えよう

前髪を下ろす方はこのスキマがポイント。

丸顔さんは前髪を厚めに下ろすと、おでこが完全に隠れてしまい縦の印象が弱くなります。

元々横の印象が強いのにさらに強調してしまうことに。

その解決策として前髪にスキマを作ることにより縦の印象が加わり丸顔が軽減されます。

おでこが狭かったり、前髪が流れにくい人は

前髪を長めにするのもアリ。

こうすることで縦の印象を強めることができ、さらに頬を隠すことができるのでスッキリ。

 

(やばい、、、次のポイントを先に言ってしまった)

 

ほっぺたをなるべく隠す

顔周りに髪を落として丸いほっぺたを隠しましょう。

この辺は皆さん意識してやってる事なので改めて説明するまでもないですよね。

前髪が長い方は特に問題はないと思うんですが、

前髪アリの方は注意が必要。

前髪の幅は目尻~目尻まで

これよりも外の髪を切ってしまうとほっぺたが出過ぎてしまい隠すのが難しくなってしまいます。

最後のポイントは

トップは高くふんわりと

トップはふんわり高くをとにかく意識しましょう。

何度も言ってますが、縦の印象です。

トップがつぶれてしまうと顔周りを完璧にカットしても台無しです。

ショートスタイルの方はまだいいんですが、ミディアムやロングになると髪自体の重さでトップがつぶれてしまいます。

そんな時は、

トップに独立したレイヤーを。

ベースのフォルムは崩さないようにトップ数ミリのところに独立した短いレイヤーを入れることにより髪が長くてもふんわりと仕上げられます。

まとめ

丸顔さん向けの似合わせポイントをいくつかご紹介してきました。

もちろんここに書いたことが全てではないです。

よく「丸顔の人は絶対NG」みたいに書いてあるものもありますが、絶対なんてものはなくその人のイメージを照らし合わせた時にフィットすることもあります。

まずはご自分の"なりたいイメージ"を優先して下さい。

そこを決めてから今回のポイントを入れて似合う髪型を作りましょう。

美容師さんはプロです。

お悩みを教えて頂ければできる範囲で対応します。

今回の記事で世の中の丸顔さんの悩みが少しでも解消されることを祈ってます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事